TOPICS

続きを見る

  • 世界記録

    世界記録

    世界記録(せかいきろく)とは、世界で一番の記録である。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 女子レスリング

    女子レスリング

    女子レスリングに関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 14人

  • 北島康介の平泳ぎがなぜ早いのか理解する

    北島康介の平泳ぎがなぜ早いのか理解する

    ある日、 北島康介のブログを探していました。 見つからないと思ったら、本人のコメントが ある記事がありました。ブログみたいな感じですね 見つけた経緯はこちら http://www.ec-fanblog.com/column/kitajima-blog.html ジムで水泳しているのですが、 平泳ぎを早くしたいと試しています^^ なぜあそこまで早くなるのか、、 筋肉か、 水着か、、 やはり気になるので、情報共有したいと 思い、コミュニティー作りました。 速さの秘密を語り合いましょう〜

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 5人

  • 「北京パラリンピック」

    「北京パラリンピック」

    「北京パラリンピック」の話題で盛り上がりましょう!

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 3人

  • 優勝

    優勝

    優勝(ゆうしょう)とは、スポーツの大会などにおいて、主催者が決めたルールにしたがって優劣を競い、その結果ある個人、もしくは団体が、大会に参加した他の誰よりも優れていると認めること。または、そう認められること。 優勝したものは優勝者、優勝チーム、ウィナー(英語:Winner)などと呼ばれる。尚、優勝に準じた者・チームは準優勝と呼ぶ。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 北京オリンピックにおけるソフトボール競技

    北京オリンピックにおけるソフトボール競技

    北京オリンピックにおけるソフトボール競技は、豊台ソフトボール場で2008年8月12日から8月21日までの競技日程で実施される予定である。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 4人

  • 準優勝

    準優勝

    準優勝(じゅんゆうしょう)とは、スポーツの大会などにおいて、主催者が決めたルールにしたがって優劣を競い、その結果ある個人、もしくは団体が、優勝に次ぐ成果をあげること。特に競技において、決勝戦(優勝決定戦)で敗れた場合、または総合成績において少なくとも1位である優勝に次いで2位を獲得した際、準優勝と称される。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • スポーツ

    スポーツ

    スポーツに関する事なら、何でもどうぞ

    テーマ投稿数 328件

    参加メンバー 26人

  • ワールドカップ

    ワールドカップ

    ワールドカップ (World Cup) は、おもにスポーツ競技の国際試合。 主に団体競技では、国別の世界選手権(世界一決定大会)と同義。数年に一回ごとの開催が多い。 一方個人競技、特にウィンタースポーツでは年間に数試合から数十試合を世界各地で行い、各試合の順位によりポイントを集計して年間王者を決定するシリーズをこのように称する場合が多い。こちらは毎年開催される。 多くの国では、特に断らないときは、サッカー競技の国別の世界選手権(FIFAワールドカップ)を意味する。これは、 1.世界選手権の名称にワールドカップを初めて採用した。よって歴史が長く認知度が高い。 2.20世紀後半から、スポーツとしても興行としても世界最大級のイベントになるに至った。 3.国際社会におけるサッカーの普及度が高く、多くの国で国技となっている。 等の理由による。因みに、クラブ別の世界選手権は『FIFAクラブワールドカップ』と称する。 また、長年FIFAワールドカップに対する認知度が低かった日本では、『バレーボールワールドカップ』を指す場合もある。 しかし、ここ最近は日本でもワールドカップといえば『FIFAワールドカップ』のことを意味するようになっている。

    テーマ投稿数 147件

    参加メンバー 36人

  • 銃剣術

    銃剣術

    銃剣術(じゅうけんじゅつ)とは、白兵戦・近接戦闘において、先端に銃剣を装着(着剣)した小銃を武器にして敵を制圧する技術である。戦技であるのでルールは無いが、訓練時には安全性の確保のため一定のルールが設けられる。旧日本軍の銃剣術を競技化した武道に銃剣道がある。 かつて小銃の装弾数が少なかった時代は、銃剣術は重要な白兵戦技術だったが、第一次世界大戦においては銃剣による死傷者は1パーセントに満たなかったといわれる。第二次世界大戦以降は、ハイテク技術や銃器、兵器の進歩によって、儀仗以外での使用頻度がより少なくなり、現在では野戦において塹壕内に残った敵や藪に隠れる敵を掃討する場合、倒れた敵兵の死亡確認のため突く場合、占領地の警備や捕虜の護送等で相手にプレッシャーを与えるために銃剣を装着して警備に当たる場合など、限定された局面のみでしか用いられなくなった。このため多くの軍事組織で銃剣術の訓練は減少、もしくは廃止された。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

「その他スポーツブログ」 カテゴリー一覧